漢点字の創案

 昭和44年7月17日、元大阪府立盲学校教諭、川上泰一氏によって、漢点字が創案されました。

 漢点字は8点式なので、一般に使われている点字器や点字タイプライターでは書くことができません。そこで、元長野盲教諭の寺島計治氏が8点点字を書くことができるタイプライターを開発しました。

 漢点字を創案した川上氏が理科の先生で、タイプライターを開発した寺島氏が国語の先生だったというのはとても興味深い話です。お二人とも、視覚障害者に対する漢字教育への熱意は相当なものだったのでしょう。

 川上氏は、農学校と盲学校を聞き違えて盲学校に赴任されたそうです。川上氏が盲学校で教鞭を取ってらっしゃらなかったら、漢点字は生まれていなかったと思います。

 漢点字を創案するに当たって川上氏は、当用漢字(現在は常用漢字)はもちろんのこと、鍼灸マッサージに必要な医学用語や経穴(つぼ)の漢字は必須と考えました。

 また、偏と旁、冠と足という形を重視しながら作られていて、晴眼者と漢字の説明をしあうときにもすぐに字形が思い浮かびます。

 「漢点字は8点だから読みにくいのでは?」という声も耳にしますが、本体はかな点字と同様6点で、その位置の文字が漢字であることを示すための点を上につけます。

●●
○○ かな点字の「う」
○○
に漢点字符号をつけると
●●
●●
○○ 家
○○
という漢点字になります。

○●
●○ かな点字の「こ」
○●
に漢点字符号をつけると
●●
○●
●○ 子
○●
になります。

「字」という漢字は

●○ ○●
●● ○●
○○ ●○
○○ ○●
になります。

●○
●○ かな点字の「き」
○●
に漢点字符号をつけると

●●
●○ 木
●○
○●
になります。

●○
●○ かなの「き」
○●
を二つ並べて漢点字符号をつけると

●○ ○●
●○ ●○
●○ ●○ 林
○● ○●
になります。
さらに

●○
●○ かな点字の「き」
○●

●●
○○ 「3」から数符を取ったもの
○○
に漢点字符号をつけると

●○ ○●
●○ ●●
●○ ○○ 森
○● ○○
になります。木が三つだから「森」というように漢点字を校正しています。

 漢字も段々略字化されてきていますが、漢点字は漢字の略字の集約と言えるかもしれません。

●●
●●
●○ 言
○○
という漢点字と

●●
○○
●● 心
○●
という漢点字を組み合わせ

●○ ○●
●● ○○
●○ ●● 恋
○○ ○●
という漢点字を構成します。

漢点字について詳しく知りたい方は

 漢点字を読み書きする視覚障害者と、漢点訳をするボランティアの間で情報交換する場として、漢点字メーリングリスト があります。

また、tenjtext10は、かなやローマ字から漢字変換した文字を漢点字パターンとして表示してくれますので、漢点字の構成を理解するのに便利です。このソフトは、晴眼者が画面で漢点字パターンを確認できるだけでなく、視覚障害者もピンディスプレーに漢点字を出力させて漢点字の学習をすることができます。「TenjText10.exe」は自己解凍ファイルになっていますので、適当なフォルダに解凍してお使い下さい。

漢点字データの配布について

2001年4月、新著作権法が施行されて、「点字の文書」の中に、従来のハード・コピー(紙に打ち出された文書)に加えて、「点字の電子データ」が含まれるようになりました。このことは、ハード・コピーと同様、電子データでも、著作権者の許諾を得ることなく、点訳することができ、ハード・コピー・電子データ何れもを、許諾なしに配布することができることを意味します。

 これは、コンピューターの目覚ましい普及と、それに伴って通信の質が変化し、拡大したことを受けて行われたものです。すなわち、点字の世界でも、小規模な点字のハード・コピーは、製版・印刷されるのでなく、コンピューターから点字符号の電子データを、点字プリンターに送って打ち出すということが一般化したことと、その電子データを応用して、ピンディスプレイに、点字を表示させることが一般化し普及したことによります。

これまで横浜漢点字羽化の会では、漢点字の書物を製作する目的で、テキスト・データを変換して、点字プリンターに送出するためのプログラム〈EIBRKW〉を開発して来ました。この〈EIBRKW〉で変換された漢点字の電子データを、改定著作権法で言う「点字の電子データ」として配布・流通させることができないかと検討した結果、2001年7月に発表したのが、〈EIBファイル〉と〈EIBRKRW〉です。

EIBファイル

 〈EIBファイル〉とは、横浜漢点字羽化の会が提唱する「漢点字の電子データ」のフォーマットです。拡張子に「EIB」が付くファイルです。

 このファイルは、漢点字変換プログラム〈EIBRKW〉で、容易に作成できます。

 〈EIBRKW〉のユーザーは、著作権の保全のために、ソース・データであるテキスト・データの管理・保管に、充分な注意を払う必要があります。今後は、視覚障害者向けのサービスとは言えども、著作者の権利を侵すことのないよう、注意に心がけて行きたいものと考えます。

 そこで〈EIBRKW〉のユーザーの皆様には、皆様の製作された漢点字書を、電子データの形で配信なさる場合、決してテキスト・データをお使いにならず、この〈EIBファイル〉をお使いになるよう、お願い申し上げます。

 またこの〈EIBファイル〉を変換して、ケージーエス社(株)製の、ピンディスプレイ表示付きブレイルメモ、BM16SE・BN46X用の閲覧専用BMTファイル≠作成することができます。同社のご好意によって、閲覧専用の変換ツール〈EIBTOBMT.EXE〉もございますので、ご利用下さい。

名古屋点訳ネットワークでも、EIBファイルをご紹介・配布するに当たり、EIBRKRWのダウンロード配布を致します。

EIBRKRWのダウンロードはこちら

eib形式漢点字データ、ハンス・クリスチャン・アンデルセン作「マッチ売りの少女」

EIBRKRW

 〈EIBRKRW〉は、〈EIBファイル〉を読むための、read onlyのツールです。無料でお配りしています。

インストール

 〈EIBRKRW10.EXE〉は、自動解凍ファイルです。Cドライブに適当なフォルダーを作って、そこにコピーして、解凍して下さい。それでインストールは完了です。

使い方

 視覚障害者が〈EIBRKRW〉で〈EIBファイル〉を読み込むには二つの方法が考えられます。

 a.拡張子の関連づけ

〈EIBファイル〉の拡張子「.EIB」を、〈EIBRKRW.EXE〉に関連づける方法です。これができますと、〈EIBファイル〉にフォーカスを合わせてエンターキーを押すだけで、EIBファイルを読み込んだ形で、〈EIBRKRW〉が立ち上がります。

b.“SENDTO”

 〈EIBRKRW.EXE〉のショートカットを作って、“SENDTO”にコピーして下さい。〈EIBファイル〉にフォーカスを合わせて、ALTキーを押して、プルダウンで「送る」を選びます。そこで、〈EIBRKRW〉のショートカットを見付けてエンターキーをおして下さい。  終了は、ALTキーを押して、プルダウンで「終了」を選んで下さい。

ピンディスプレイの選択

:立ち上げた後、ALTキーを押してプルダウン・メニューから、「オプション」を選んでエンターキーを押して下さい。そして、タブキーで下がって行きますと、ピンディスプレイ機種、ボーレート、シリアルポートの選択メニューがありますので、お手持ちのディスプレイに合ったものをお選び下さい。その後、「終了」で終わっていただきますと、オプションは終了します。

EIBRKWについて

 EIBRKWは、テキストデータから漢点字データを作成する点訳機能を持つのみならず、ケージーエス社製のピンディスプレーのBMTデータを出力したり、BM16SE・BN46Xで作成した漢点字データを読み込んで漢字かな混じりのテキストデータを作成することもできます。

〈EIBRKW〉は、「開発協力金」として、1万円で頒布されています。視覚障害者の方は、お一人単位でのユーザー登録、ボランティアの方は、所属されるグループを単位としての登録になっています。

 また、企業・自治体・公益法人等の組織には、規模に応じて、コンピューター1台辺り1万円を目処に、価格を算出しています。。

EIBRDICW

 漢点字を読むに当たって、最も困難を感じるのは、何と言っても、文字の読み方が分からないときです。カナ点字や音訳書を読む(聞く)ときには、こんなことはありません。

 晴眼者はそんなとき、多種多様な辞書を開きますが、視覚障害者には、そのような環境が整っていません。

 そこで、漢字と熟語の読みだけでも直ぐに分かるような電子辞書ができないか、と考えて、〈EIBRDICW〉を開発していただきました。

 これは、〈EIBRKW〉と〈EIBRKRW〉の中にその機能が組み込んでありますので、辞書データを、同じフォルダーにコピーするだけで、ご利用いただけます。データは日々更新しています。

 カナ点字の点訳者や、音訳者の方にも、お役に立てていただけるものと存じます。  CDROMでご送付します。価格は、6千円です。更新は、500円で行います。

EIBRKW、EIBRDICWについてのお問い合わせ、お申し込みはこちら

名古屋点訳ネットワークトップページ